ピアノの引越し、精密機器の引っ越し・移動・輸送〜茨城県:阿部ピアノ運送

 
ピアノ引越しについて
精密機器輸送の御案内
ピアノ引越の御案内
お気軽にお問い合わせ下さい
阿部ピが行くヨ

Main menu:


私たちは
「チーム・マイナス6%」
に賛同しています

サイト内検索

カテゴリー

コメント

バックナンバー


バックナンバー '修理やペイント系'


妻土台の交換

皆さまの、ご使用になられているピアノの足の部分がひび割れ等ありませんか?
年数の経過、設置環境により、この絵のようになっていませんか?

この部分の修理は交換作業となります^^
ピアノを寝かして、底板を外し・・・

妻土台を外します。

そして、新しい妻土台を取り付けて、完成^−^

このあと、底板を付けて元通りにします。
完成写真もあったのですが、、、写真が破損して掲載できず。。
スミマセンm(。。)m

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

バットスプリングコードの張り替え

※バットスプリングコードはピアノのアクション(打弦機構)内にあるバットフレンジに貼り付けてあるヒモで、このパーツは鍵盤を降ろしてハンマーが打弦した後にハンマーが元の位置に戻す為の役割りで大事なパーツの一つです。
バットスプリングコードはピアノを弾いている弾いてない関わらず年数が経てば劣化し、バットスプリングの張力に耐えきれず切れてしまいます。
こういった症状は特に年数の経っているYAMAHAのピアノに起きます。バットスプリングコードが切れると連打性能が悪くなり、鍵盤のタッチが急に重く感じたりします。重くなる理由はバットスプリングコードが切れた事により開放されたバットスプリングが目の前にあるダンパーレバーに接触してしまうからです。接触した状態で弾き続けるとバットスプリングが折れまがってしまい、更にはバットスプリングも折れ交換が必要になります。

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

ヤマハw103の塗装修理

日々、色々なピアノが入庫してきます。
今回のピアノは、コチラ!!!

落ち着いた木目の色合いが、グッドなw103です。写真では、、足の(妻土台)剥がれ全体的な
色褪せナドナド・・・年数経過の為の劣化が見受けられます。今回はw103の塗装修理です。

足(妻土台の剥がれ)

↓↓↓鍵盤蓋部分です。何かグラスを置いたまま放置したのでしょうか??
跡がついてます

まずは、、
寝かせてみます。

寝かした状態で、また撮ってみますた。

今度は、
化粧板を、適正なサイズにカットして張り付けます。
そして、コノ絵のように圧着します。

次は、張り付けた化粧板を
整形します。


↑↑こんな感じになりました。

今度は、色付け♪
 

鍵盤蓋もエアガン炸裂♪


口棒も譜面台も塗装〜


全体的に色合いを見ながら吹き付けします。
どうしても、年数が経過すると色が変色してします。
色が薄くなっている所、元々の色が残っている所・・
調整しながら塗っていきます。

そして、
そして、、
ついに、、、
完成♪

鍵盤蓋もバッチリきれいに決まりました♪


全体的にも良い色合いになりました。
ありがとうございます。 ^^
お客様も喜んでくれるでしょう!

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

塗装・・・番外編!?

クレーン車の塗装がカナリ渋くなってきましたので、、
時間を見ながら・・・
塗装をしてみました。。
クレーン車の塗装見積もりを板金屋さんに依頼したら、80〜120万円!!
施工してみないとわかりません!!
と素敵な書面を頂き・・・とっても、このご時世こんな高額な金額を出せるはず
もありませんので、当社の社員で施工すると決定しますた。

ピアノも良く塗装するので、楽勝でしょ♪♪と軽い気持ちのスタートでした。
実際、過去に車を塗った経験もあるしナンとかなるべ♪的な♪

もちろん下処理からです・・・・・・・・・・・
サンダー(電動サンダーとはいわば電動ヤスリのようなものです。)で鉄板を削り錆や傷を落と
します。

ピアノを塗装する感じで板金屋さんにアドバイスを頂きながらの施工でつ。。


始まったのは良いんですが、、
さすがトラック!!!デカ過ぎます!!!!
予想はしてましたが、、デッカ過ぎです!!!

サフェーサー(下塗り)だけで6リッター消費しました。車体の半分位しか下塗りしてません。。
大きすぎで塗りきれないですし、時間経過が激しすぎて中々思うように進行しませんでした。
さらに、日数をかけていたので、中途半端な施工状態でクレーン車の出動要請が!!

そんなこんなで、日数経過・・・・・

勿論、会社の前で施工しているので、ギャラリー多数!
当社にくる関係者等々も興味津津のようです。

そんなこんなで・・・・・

完成!!
色は勿論、阿部ピブルー!!
後ろの箱車(下の写真)の青と同じ青を作ってもらい塗りました。
塗料だけで、普通車2.5台分位かな?


各方々の方にもキレイだと、ほめられました♪
大変遣り甲斐のある、、、お仕事でしたが、、、、
かなりキつい作業ですた。。。
トラック塗装は大変でした。。   ●。●

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

サイレントピアノの取り付け

後付けのサイレントピアノの施工中です。

もともと、サイレント機能の付いていないピアノに、お客様のご要望によりサイレントピアノ機能の機械を取り付けています。

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

ピアノ塗装修理施工前・施工後

今回の絵は、いつものクリーニングと違い塗装及び修理のピアノです。

左側が施工前です。剣山で引っ掻いたような傷跡・・・
右側が施工後です。
たまたま、調律師の小澤さんが来社していたので、ピースで撮影♪♪

チョイとみずらいですが、同じ向きでの施工前・施工後でつ。。
赤い車の映り込みで艶具合がわかりますか???


完成ぴあの右斜めから♪


白マル印の所に激しい打ち傷がありました。

このような感じにしあがりました♪♪

屋根です。多少左側の絵には余計なモノが映り込んでいますが・・


左側の傷もカナリ激しく・・ついていましたが!
右側の絵ように仕上がりました♪


ほぼ正面の雰囲気です。


右側の黒い物体は決して霊ではありません。。

このピアノくんは色々手をいれました。
明日、某楽器店の店頭に並びます。
元気でな〜  T。T
良い人に弾いてもらうんだぞ〜

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

ピアノのオーバーホール

久々に・・
手の込んだピアノが仕上がりました。
このピアノは40年以上経過しているピアノです。
手を入れることにより、かなり良い感じに仕上がりました。


黒全塗装
全弦張り替え、チューニングピン交換(メッキピン)
鉄骨塗装
白鍵盤交換
ハンマー整形(ファイリング)
その他モロモロ・・・

写真ではこれが限界の表現です。
実物はカナリ良い仕上がりになりました♪♪

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

鍵盤蓋の塗装

鍵盤蓋の塗装です。
なかなか、良い感じに塗装ができました。
これから、研磨します♪

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

足柱の修理

ピアノを長く使用していると、こういう状態になることがあります。

チト、写し方が悪いですな・・
化粧板が剥がれてきています。。

ピアノを立てて、足柱を外します。


この後、足柱の整形・塗装にはいります。

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

ピアノの塗装修理

本日、早起きしましてピアノの塗装をいたしました。


気温一桁度、湿度45%ナイスな塗装環境です。気温以外は・・・
部屋が暖まるのを待てない私は、エアガンを片手に、エアガンから塗料発射!!


スペシャル調合した、塗料でスイスイ工程を進行し無事完了しました。
あとは、乾燥させて研磨工程にすすみます。

ピアノの傷などピアノに関して気になる所はありませんか? ^^
打ち傷、擦り傷、凹み傷・・等々。

他にも調律やサイレントピアノ、防音室、床暖房対策、お部屋の設置環境などなど♪
ピアノの事でしたら、なんなりとご相談ください♪♪♪

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

白い自動演奏ピアノ


白い自動演奏ピアノです♪
ピカピカになりました^^

最近、寒いですね。。。
もう冬は、そこまできていますね。

数日前に、長野の知人と話しましたら、朝は2,3度と言ってました。
車のフロントガラスは凍結し、霜柱が見えるそうです。。
さむそう>。<

みなさんは、どの季節がすきですか?

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。