ピアノの引越し、精密機器の引っ越し・移動・輸送〜茨城県:阿部ピアノ運送

 
ピアノ引越しについて
精密機器輸送の御案内
ピアノ引越の御案内
お気軽にお問い合わせ下さい
阿部ピが行くヨ

Main menu:


私たちは
「チーム・マイナス6%」
に賛同しています

サイト内検索

カテゴリー

コメント

バックナンバー


アンティーク自動演奏ピアノ

とあるお客様のお宅にて・・
ピアノ運送暦じゅうン年。
初めてみました。


かたちと言い、サイズと言い、重さと言い・・
大きいです。親板の厚みは、国産のピアノに比べて1.5倍位大きいです。


内部は凄い事になってます。
30年位まえに、アメリカ在住時に使用していて帰国と共に持ち帰ったとの事。
最初は黒だったのを塗装をしなおしたそうです。


口棒も・・


パカッと前面部に開きます。音の強弱等のコントロールをココでするようです。


上前板もこのように開きます。


The “Auto piano” kasther & Co.Ltd. London “ALLison” Piano と記載されています。


上部には、お客様曰く木琴をセットするそうです。


後ろ面です。

まだまだ、出会っていないピアノがあるはず。
毎日の配送で、色々なピアノに出会える楽しみがあります。
お客様の思いも共に配送できてありがたい日々を過ごしております。 ^^

お客様、撮影とHPのupを許可頂きありがとうございます。

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

コメント