ピアノの引越し、精密機器の引っ越し・移動・輸送〜茨城県:阿部ピアノ運送

 
ピアノ引越しについて
精密機器輸送の御案内
ピアノ引越の御案内
お気軽にお問い合わせ下さい
阿部ピが行くヨ

Main menu:


私たちは
「チーム・マイナス6%」
に賛同しています

サイト内検索

カテゴリー

コメント

バックナンバー


☆5月22日(日)☆

お久しぶりの更新になってしましました…( ..)φ
東日本大震災から2カ月以上が経ちましたね〜。
私は元気です!

3月11日。
その日は朝から忙しく、PM2:30頃に休憩に入りました。
事務所の隣にある応接室(VIP!)でミヤネ屋を観ながら、トマトせんべいを
食べていました。
この辺は震度4位の地震がよく発生するので、揺れ始めた時も
「あ〜専務のゴルフグッズが倒れそうだなぁ」と思い、片手で押さえていました。

だんだん今まで感じた事が無いぐらいに揺れが大きくなりました。
事務所からT君が応接室に来て、「佐藤さん!!何してるんですか!早く外に出て下さい!」と
言われて避難しました。
でも、歩くのもやっとなぐらい揺れていて、何が起きているのか分かりませんでした。

「佐藤さん!電線の下は危険ですから!」とT君に注意されながら外に出てみると、
目の前の産業道路は信号機が停電していて、あっという間に渋滞していました。
正確な時間は不明ですが、とても長く揺れていたと思います。
携帯で専務や家族に何度も電話をしましたが、全く繋がらず…。
少ししてから荷物を取りに事務所に戻ると、窓は割れて私が座っていた場所には書庫が
思いっ切り倒れていました。
T君が迎えに来てくれなかったら、私は怪我をしていたと思います。ありがとね♪

すぐに社長が駆け付けてくれて、顔を見た瞬間はホッとして泣きそうになりましたよ。。。
自宅に戻るようにと言ってくれたので、車で帰宅しました。
通常なら15分程度の距離なのに、1時間以上掛かって自宅に戻りました。
何か所も道路が陥没していたり、民家の屋根や塀が崩壊していました。
途中、余震で道路が隆起して、私の4台前の車が横転しかかっていました。

家族はみんな無事で、専務とも夜になってやっと連絡が取れました。
ライフラインは全て止まり、車内で一晩を過ごしました。
翌日になり、事務所に行ってみると、専務と専務ファミリーに会えました☆
ただ、ライフラインが復旧しないと何も出来ない為、自宅待機する事になりました。

電話も繋がらない状況でしたので、沢山のお取引先様とお客様にご迷惑をお掛けしてしまいました。
この場を借りてお詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。

震災から10日前後で全てのライフラインは復旧し、5月22日(日)現在、阿部ピアノ運送は
通常業務に戻っております。
全国各地のお取引先様より頂いた救援物資、本当に嬉しかったです。
ありがとうございましたm(__)m

次回からいつものくだらないブログをUPしていきますので、今後も宜しくお願い申し上げます!
(有)阿部ピアノ運送 佐藤

 ♪ピアノ・精密機器の輸送、引っ越しはおまかせ下さい!!
 有限会社阿部ピアノ運送。お問合せはこちらから。

コメント